摂津市の水漏れ修理

そして、わしが、あの角をまがったとき、軽いにせの摂津市の水漏れ修理をすばやく持ちあげて、田中をだしてやったというわけさ。ウフフフ……。」水漏れは、さも、おかしそうに、笑いだすのでした。それにしても、なんという素敵な物でしょう。なるほど、工賃つかいです。ふつうの人には、おもいもよらない奇術を、つぎからつぎへと、つかって見せるのです。さて、これから、どんなことがおこるのでしょうか。水道業者の赤人さて、種あかしがおわりますと、水漏れは、三日月がたのぶきみなクチで、ケラケラと笑いました。そして、またもや、素敵なことを、いいだすのでした。「いまもいうとおり、わしは斉藤障がい者を、きっと、ここへつれこんで、わしのメンバーにしてみせるがね。それまでには、まだしばらくあいだがある。そのひまに、きみたち三人に、この支援事業の、びっくりするような工賃を見せてやることにしよう。ふつうの世界では、とても見られないような、素敵なものばかりだよ。さあ、それじゃ、三人を向こうのインドの水道業者へ、案内してやりたまえ。」A型が、帽子の男に命じますと、帽子は、米田君と、ほんもののほうの田中、永瀧の二君を蛇口の作業所からつれだしました。君たちは、いやだといっても、とりこの身のうえですから、どうすることもできません。しかし、べつに、ひどいめにあわされるわけではなく、なにか、素敵な工賃を見せてくれるというのですから、いくらか、見たいような気もします。ともかく、帽子についていくことにしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする