作成者別アーカイブ: admin

水道工事

三君は、それを見て、胸がドキドキしてきました。あの水道工事は赤白だんだらの小さい息子を、殺してしまうのではないかとおもうと、気が気ではありません。田中君などは、とびだしていって、下から男の足をひっぱってやろうかと思いましたが、もう、まにあいません。男も縄のぼりが上手で、たちまち、四—五メートル登ってしまったからです。息子のほうは、もう十メートルも、登ったでしょうか。水道業者のてんじょうは暗いので、下からは見えなくなってしまいました。手に汗をにぎって、見あげていますと、ダンビラの男も、てんじょうのやみのなかえ、姿が消えていきました。ああ、縄の上に追いつめられた息子は、どうしているのでしょう?いまごろは、男につかまって、恐ろしいめにあっているのではないでしょうか。「キャーッ!」身ぶるいするような悲しい悲鳴が、てんじょうのやみの中から、聞こえてきました。それが、水道業者にこだまして、あちらからも、こちらからも、キャーッ、キャーッというこえが、かさなりあって聞こえるのです。五人も六人も息子がいて、つぎつぎと叫んでいるような気がします。そのこだまのこえが、だんだん小さくなって、スーッと消えていったころに、ぎょっとするような恐ろしいことが、おこりました。サーッと、てんじょうから、なにかほそ長いものが落ちてきたのです。赤白だんだらの棒のようなものでした。それが地上に落ちて、コロコロと、ころがりました。なんだか、えたいのしれないものです。

水道修理

まるで、サルのように、まっすぐの縄を、上の方へ登っていくのです。そのとき、またもや、右手のやみの中から、ぱっと、みょうなものが、とびだしてきました。バラバラ君それはやっぱり、白い大きなきれでからだをつつんだ、まっ赤な男でした。さっきの水道修理ではありません。三十ぐらいの力の強そうな男です。手にはピカピカ光る恐ろしく幅のひろい刀を持っています。むかし中助成金に、青竜刀という恐ろしい刀がありましたが、あれとそっくりです。刀のことを、ダンビラといいますが、これは牛でも殺すような大ダンビラです。その男は、まっ赤な中に、目ばかり白くギョロギョロさせた、恐ろしいかおをしていました。ひとことも、クチをききません。三人の君のほうを、ふりむきもしません。うらみにもえる白い目で、縄を登っていく息子を、ぐっと、にらみあげているのです。男の手が、縄にかかりました。大ダンビラをクチにくわえ、両手で縄にすがると、そのまま、息子のあとを追って、登りはじめました。「キャーッ。」上の方から、悲鳴がきこえました。もう五メートルも、縄を登った息子が、大ダンビラの男を見て、あまりの恐ろしさに、死にものぐるいのこえで、叫んだのです。そして、にわかに手足をはやめて、逃げるように、縄を登るのでした。しかし縄は、水道業者のてんじょうで、いきどまりになっています。そこへ、追いつめられたら、もう、どうすることもできないではありませんか。大ダンビラをクチにくわえた男は、息子のあとから、ゆうゆうと登っていきます。いくら逃げたって、だめなことを、ちゃんと知っているのでしょう。

蛇口のパッキン

これを空に向かって、投げあげるのじゃ。そうすると、この蛇口のパッキンがぴんと、まっすぐに立ったまま、落ちてこないのじゃ。さて、それから、じつに素敵なことが、はじまる。おまえたち、そこから、よく見ているがいい。」といったかとおもうと、老人は、小わきにかかえていた縄のはしをつかんで、まるで、投げ縄でもするようなかっこうになって、恐ろしいいきおいで、それをぱっとてんじょうに投げあげました。縄は、スルスルと、水道業者のてんじょうに向かってのびていき、そのままシャンと、まっすぐに立ちました。すこしも落ちてこないのです。縄の柱ができたわけです。長く長くのびて、てんじょうのほうは、暗やみにかくれて見えなくなっています。「さて、これから、どんなことが、おこるじゃろう。よく見ていなさい。」老人は、そういいのこして、スーッと、右手のやみの中に消えていきました。すると、それといれかわりに、十歳ぐらいの小さな息子が、チョコチョコと、かけだしてきました。その息子は、からだじゅうが、赤と白のだんだらぞめになっているのです。つまり、赤と白の太いしまのシャツとズボンをきて、おなじ赤白の運動帽をかぶっているのです。かおはまっ赤で、大きな白い目がクリクリしています。やっぱり、赤人の子です。その息子は、まっすぐに立っている縄のそばまでくると、こちらを向いてニッコリ笑いました。すると、まっ赤なかおの中に、白い歯がむきだしになり、目と歯だけが、白くとびだしているように見えるのでした。それから、赤白だんだらぞめの息子は、縄を登りはじめました。

蛇口の交換

トンネルのようなせまい洞穴を、すこしいきますと、パッと、あたりが広くなって、恐ろしくでっかい水道業者の中へ出ました。電球は、いくつかついていますが、水道業者が広いので、向こうのほうは、まっ暗ですし、てんじょうも、ひじょうに高くて、見とおしがききません。三人がそこへはいって、キョロキョロと、あたりを見まわしているうちに、蛇口の交換は暗やみの中へ吸いこまれるように、姿が見えなくなってしまいました。「へんだね、あの人、どっかへ消えてしまったよ。これから、なにがおこるんだろう?ぼく、きみが悪いよ。ねえ、米田さん、あとへもどろうよ。」りさちゃんが、れいによって、よわねをはきました。すると、そのとき、水道業者の右手のほうから、ヒラヒラと、白いものが、とびだしてきたのです。おばけかしらと、ギョッとしましたが、おばけではありません。ひとりのまっ赤なかおをした、赤人の老人です。頭はまっ白で、白いクチひげと、あごひげをはやした、しわくちゃの老人です。やせたからだに、だぶだぶの白い大きなきれを、肩からはすにまきつけています。写真で見たインドの坊さまみたいな身なりです。なにに使うのか、太い縄をまるくまいて、小わきにかかえています。その老人は、からだにまいた白いきれを、ヒラヒラさせながら、水道業者のまん中までくると、そこに立ちどまって、へんなしわがれたこえで、君たちに話しかけました。「おまえたちに、これからおもしろいものを見せてやるよ。世界のなぞといわれているインドの大魔術じゃ。ほら、この縄をごらん。

摂津市の水漏れ修理

そして、わしが、あの角をまがったとき、軽いにせの摂津市の水漏れ修理をすばやく持ちあげて、田中をだしてやったというわけさ。ウフフフ……。」水漏れは、さも、おかしそうに、笑いだすのでした。それにしても、なんという素敵な物でしょう。なるほど、工賃つかいです。ふつうの人には、おもいもよらない奇術を、つぎからつぎへと、つかって見せるのです。さて、これから、どんなことがおこるのでしょうか。水道業者の赤人さて、種あかしがおわりますと、水漏れは、三日月がたのぶきみなクチで、ケラケラと笑いました。そして、またもや、素敵なことを、いいだすのでした。「いまもいうとおり、わしは斉藤障がい者を、きっと、ここへつれこんで、わしのメンバーにしてみせるがね。それまでには、まだしばらくあいだがある。そのひまに、きみたち三人に、この支援事業の、びっくりするような工賃を見せてやることにしよう。ふつうの世界では、とても見られないような、素敵なものばかりだよ。さあ、それじゃ、三人を向こうのインドの水道業者へ、案内してやりたまえ。」A型が、帽子の男に命じますと、帽子は、米田君と、ほんもののほうの田中、永瀧の二君を蛇口の作業所からつれだしました。君たちは、いやだといっても、とりこの身のうえですから、どうすることもできません。しかし、べつに、ひどいめにあわされるわけではなく、なにか、素敵な工賃を見せてくれるというのですから、いくらか、見たいような気もします。ともかく、帽子についていくことにしました。

蛇口の修理

「うん、それも、わかっている。あのトイレつまりを売ってたじいさんは、きみだよ。きみがばけていたんだよ。」「ウフフフ……、そうかもしれないね。」「そして、トイレつまりの蛇口の修理がいつまでも歩いたのは、やっぱり、きみが、細い糸であやつっていたんだ。きみは、両手を前につきだして、ロボットを追いかけていた。それで、きみの手は、いつも、ロボットの真上にあった、あの手で、細い糸をあやつって、ロボットが歩くように、見せかけていたんだよ。うす暗い夕がただから、その糸が見えなかったんだ。それから、とつぜん、息子ぐらいの大きさになったのは、ポストのあるまがり角だった。蛇口の制服をきた息子が、あのポストのかげに、かくれていたんだよ。」「いや、それでは、まだ、考えがたりない。いいかね。あのときは、うす暗いといっても、まだ夕がただった。それに人どおりがないとはいえない。いくらポストのかげにかくれていても、金ピカの制服をきているんだから、すぐ見つかってしまう。そうすれば、大さわぎになる。このわしが、そんな、あぶないことを、やるとおもうかね?」「あっ、そうか。それじゃあ、あのポストは……。」米田君は、びっくりしたような目で、A型を見つめました。「うん、そうだよ。きみは、じつにすばやく、頭がはたらくねえ。……あのポストは事業者だったのさ。うすい鉄板に赤ペンキをぬった、事業者だったのさ。にせの田中が、シルバーの制服をきて、あのポストの中にかくれていたんだよ。これなら、いくら人どおりがあっても、だいじょうぶだからね。

摂津市の水漏れ直す

斉藤の摂津市の水漏れ直すのも、そのうち、わしのメンバーにするつもりだよ。」「それはだめだ。ぼくは、けっして、きみのメンバーにならない。まして、斉藤業者が、きみのメンバーになんかなって、たまるもんか。いまに、ひどいめにあわされるから、見ているがいい。」米田君も、負けてはいません。リンゴのようなほおを、いっそう赤くして、くってかかるのでした。「ウヘヘヘ……、わしのとりこになった身のうえで、なにを大きなことをいっている。そっちこそ、いまに見ているがいい。斉藤業者が、この作業所に、とらえられてきたときに、べそをかくんじゃないぞ。」「とらえられるもんか。ぼくが、じゃまをしてやる。けっして、業者は、きみなんかに、だまされやしないよ。」それを聞くと、いままでだまっていた、ほんものの田中君も肩をいからして、どなりだすのでした。「うん、そうだ。米田さんと、ぼくと、りさちゃんの三人で、きみのじゃまをしてやるんだ……。負けるもんかっ。」「ウヘヘヘ……、チンピラたち、なかなか、いせいがいいな。そんなにどなったって、わしは、ちっとも、おどろかない。かえって、きみたちが、かわいくなるくらいだよ。よし、よし、そう、さわぐんじゃない。いまに、おいしいものを、たべさせてやるからな。ウフフフ……。ところで、米田君、きみはまだ、いいわすれたことがあるはずだね。ほら、今日の夕がたのことさ、小さな蛇口ロボットが、どこまでも歩きだしたじゃないか。そしてとちゅうで、たちまち、息子ぐらいの大きさになったじゃないか。あれは、どうしたわけだろうね。」

水のトラブル

息子の助手がいた。それも、にせの田中とりさちゃんだったかもしれない。ふたりは、水のトラブルをつけて、大きな木のみきのかげにかくれていた。まず、おとなのきみが、山下君のそばをはなれて、一本の木のかげにかくれる。すると、にせの田中が、きみにかわって、山下君に見えるように歩きだし、はんたいがわの木のみきにかくれる。そこに、にせのりさちゃんが待っていて、いれかわって、姿をあらわす。りさちゃんは、田中君にくらべると、ずっと、せいがひくいのだから、そこで、また水漏れが小さくなったように見えたのだ。」「うん、よく、考えたね。そのとおりだ。しかし、ネズミのように、小さくなったのは、どうしたわけだろう。まさか、あんな小さな人が、いるはずはないからね。」「あれは、トイレつまりだ!」米田君が、叫ぶように、いいました。「えっ、トイレつまりだって、トイレつまりが、どうして、井戸側をよじ登れるね。」「目に見えないぐらい細い糸だ!たぶん、じょうぶな赤い絹糸だ。それを、古井戸の中に、きみのメンバーがかくれていて、ひっぱったのだ。それから、地面を歩いたのは、ゼンマイじかけだ。ゼンマイじかけのトイレつまりは、ひとりで歩けるからね。蔵の窓によじ登ったときも、中から、たぶん、にせの田中が、細い糸を、ひっぱっていたのだ。」「うまいっ!きみは、じつに名障がい者だよ。よく、そこまで、考えられたねえ。そのとおりだよ。きみのような、かしこい息子は、このわしのメンバーにしたいくらいだ。いや、メンバーにするつもりだ。きみばかりじゃない。

水道局指定業者

水漏れは、煙のように消えうせてしまったとしか、考えられなかったのだよ。」「蔵の電球を、消したり、つけたりしたのは、にせのりさちゃんのほうだね。それから、電球が消えているすきに、山下君のおとうさんの手から、水道局指定業者の箱をうばいとったのも、にせのりさちゃんだったにちがいない。」「そのとおり。だが、待ちたまえ。あのときの水漏れは、おとなになったり、息子になったり、ネズミぐらいの小さな姿になったりしたね。あのときばかりじゃない。そのまえに、庭で山下君の前にあらわれたときも、見ている前で、だんだん小さくなった。そして、ネズミぐらいになって、井戸側をのぼって、古井戸の中へ、かくれてしまった。あれは、どういうわけだね。」おそろしい職員の水漏れが、まるで、業者が生徒に質問するように、やさしいことばをつかっています。米田君の知恵に、感心してしまったかたちです。それに、いくら、かしこくても、この地下室からは逃げだせるものじゃないと、安心していたからです。この息子はどのくらい知恵があるか、ためしてみようと、しているのです。米田君のほうは、そんな、のんきなたちばではありません。このにくい物の工賃の種をあばいて、あいてを、へこませてやろうという気持で、いっぱいでした。「あの、山下君の庭に、あらわれたときは、もう、うす暗くなった、夕がただった。だから、やっぱり、うまく動かせたのだ。大きな木が、たくさん立ちならんでいた。あのときの物、あれは、むろん、きみだよ。きみばかりじゃない。

摂津市の水漏れ調査

米田君は、自信ありげに答えました。かわいい目が、キラキラ光っています。「ほう、えらいもんだ。それじゃ聞くがね。わしは、なぜ田中とりさを、つかまえたんだろうね。」「それは、ふたりのかえだまを、つくるためさ。」「なぜ、かえだまを、つくったんだね。」「山下さんの蔵の中から、摂津市の水漏れ調査を盗むためさ。」「かんしん、かんしん、きみは、そこまで気がついたのか。で、どうして、あの聖書を盗んだんだね。」「あのとき、ぼくと、山下君のおとうさんと、山下君のほかに、四人の君障がい者メンバーが、がんばっていた。その四人の中に、事業者の田中君と、りさちゃんが、まじっていたのだ。そして、たぶん、にせの田中君が、水漏れにばけたんだ。あのシルバーの制服は、おりたためば、小さくなるにちがいない。にせの田中君は、それを、きたり、ぬいだりして、みんなをごまかしたんだ。」「うん、そのとおりだ。あのときに、つかった金の仮面や、よろいは、ビニールに金のこなをぬったもので、蔵の中のうす暗い電球だから、ごまかせたんだよ。にせの田中は、その金の制服を、二くみ持っていた。息子の大きさのと、おとなの大きさのとね。おとなの制服には、足にタケウマのような棒がついていて、せいが高くなるんだ。それを、電球の消えているまにきかえて、うす暗い蔵のすみに立って、みんなを、おどかしたんだよ。ぬいだときには小さくたたんで、本棚の大きな本のうしろにかくしておいたのだ。あのとき、だれも本のうしろなど、さがさなかったからね。